關於部落格
星星從不向黑夜許諾光明
  • 205

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

見たことがない風景だ

見たことがない風景だ

ある人、Aさんは、いつも夢に出てくるのは、自分が小さい頃、育った家、という。
今は別の場所、別の家に住んでいるが、夢では、昔の家。

4軒長屋で、中心に井戸があり、
長屋の両端にトイレがある。
子供の頃、夜中にトイレに行くのは、怖いし、寒いし、すごく嫌だったそうだ。

お向かいも4軒長屋。
一番左端が、○○のおばちゃん、二番目は○○さん、三番目は○○さん???
端っこの○○さんの家には、優秀な大学生がいて、いつも勉強を教えてくれたとか。
大学生のお母さんが、お茶とお菓子を出してくれて、無料で近所の子供たちの勉強を見てくれていた。
Aさんの親御さんは、時折、その大学生の家になにか(お礼の気持ちで)モノを持っていったりしていたらしいが、
お互い、そのモノは目的でもなんでもない。
互助会みたいなものだ。

まさに、古き良き時代。
わたしは、映画か、漫画か、絵、人形作品などでしか見たことがない風景だ。

しみじみ語るAさんが、
「あなたは上流だから、なんて貧乏な暮らしだと思うでしょうね」と淡々とした口調に変る。
「はあ? なにを言ってるんですか。
上流というのは、細川さんや、旧財閥系の人々ぐらいなんじゃないですか?
その他は、上流でもなんでもないですよ」
と、わたしが、これまた淡々と言う。
「じゃあ、中の上」とAさん。

都会と田舎、中央と地方では、ライフスタイルが違うし、
上の家庭でも、もめごとや、喧嘩ばかりの冷たい家庭もあるし、
下の家庭でも、一致団結、明るい笑い声の家庭もあるし、
仮に経済事情で上下を分けるとしても、一概に、上下だけでは、どちらが幸せと決められないのでは?
現に昔の長屋暮らしの思い出を、楽しかったと回顧されているのだから、良い思い出、ご家庭だったのでは?

などなどと言っていると、そんなもんですかねえ???的な、うやむやなかんじで、話がどこかにまた流れていった。

ちなみに、Aさんは、「いなか」を持ち出すと、
町暮らし人であるご自分が、いなかモンに対して、なんとなく優越感を感じることができるようで、
町?田舎の切り口は、けっこう、お好きなようだ。

逃出有你的夢 用文字記錄走過的每一天 放下是為了更好的明天 に飛んだ多彩 春天的盛宴 定格在秋天校園的笑容 漫步在悠長的雨巷 為自己譜寫樂曲 黃昏一起數浪花 共に考えは変わっ
相簿設定
標籤設定
相簿狀態