關於部落格
星星從不向黑夜許諾光明
  • 205

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

表示する地図をず

表示する地図をず

先日、購読しているANAメールマガジンから「需要喚起2」と題し、本文には「sample2」とだけ記されたメールが届いて、少々吃驚した。ANAに搭乗したのはこれまでの人生の中で僅か4回、しかも出張など必要に迫られて乗っただけである。マイレージも、出張時のチケット手配が楽だからと総務部に勧められてカードを作っただけでほとんど貯まっていない。もともと飛行機に乗るなら基本的には鶴のマークを選んでいたが、別にANAが嫌という訳ではなく、マイレージカードはJALしか持っていなかったからというだけのことで、JALの搭乗回数だって知れているのである。そもそも飛行機というものが苦手であったから、時間や距離の関係で、それしか選択肢がないという場合にしぶしぶ乗っているといった具合である。

大体、あんなドでかい金属の固まりが宙に浮くなんて、如何なる科学的説明を施されたところでどうしても納得ができない。それに、飛行機というのは乗っている間が狂おしいまでに退屈である。本でも読めばよいではないかという意見もあろうが、私は、乗り物の中で本を読むということができない。読書というのは、自宅の自室に籠り、誰の邪魔や干渉も受けることのない静謐の中で営まれるべき文化的行為だから、パブリックな空間の中で本を開くなど埒外なのである。窓外に目を遣れば、衛星写真を見るような体験ができると言う人もいるが、それは、雲一つない晴天の下、しかも地形の変化を見て取れる場合に限った話である。曇天であれば眼下に広がるのは雲ばかりであるし、例えば太平洋を横断する国際線で、どこまでも続く変哲のない、“海しかない海”を見続けるなど、精神衛生的にもよくないに決まっている。一度、グアムに行ったことがあるが、関西空港から3時間半、ただ海を見ているだけというのは地獄であった。「グアムは近い」などと言う者の気が知れない。ましてや帰路は、ひたすら漆黒の闇の中のクルージングである。機内のモニターに表示される現在位置を表示する地図をずっと凝視していて、いつまでも見えぬ日本列島を思い、頭がどうかなりそうだった。

私の飛行機忌避はそんな次第であるから、「需要喚起」なんて、唐突かつ一方的に言われても困るのである。おそらく相手もそれを見透かし、「そうは言ってもたまには飛行機にも乗ってくれよ」という意思表示なのだろう。しかし、そんなことで私の内なる潜在需要が喚起されることを期待するなんて、甘いのだ。尤もその日中に、誤配信でしたごめんなさいとお詫びメールが来たのではあるが。

學會人生劇情照樣很精彩 人生路自己選擇 掌縫間悄悄地流走的日子 背後的擁抱 我要在這裏靜靜地等你 春風舞動的翅膀 女性を軽んじておられ 這是我唯一愛你的方式 桃花的傷心淚 只有記憶刻錄著我的季節
相簿設定
標籤設定
相簿狀態